自分好みの家を建てよう~改装や建築を行ってヴァルハラ作成~

Designer house

昔から続く新築住宅

新築住宅が広まってきたのは1960年代の頃です。 当時はまだ集合住宅が一般的でしたが、人々の暮らしが贅沢になるにつれて、新築一戸建て住宅の需要が広まってきました。 大手不動産会社が広い土地を購入して、分譲住宅を大量に建築し始めたのです。 新築一戸建て住宅が増えてくると、人々の価値観が変わっていき、やがて一戸建て住宅を持つことが1人前の証しであるという事になってきたのです。 やがて、土地の価格が上がるにつれて、都心部では新築一戸建て住宅を購入することが難しくなってきました。 そうなると、都心部からちょっと離れた郊外に一戸建て住宅を持つ人々が増えたのです。 ところが、バブルが崩壊するとともに土地の価格が下落していきます。

土地の価格が下落するとともに、人々の収入も検証してきました。これによって、新築一戸建てを購入する人も少なくなってきました。 これによって、新築住宅が減少しますが、その代わりに中古住宅がたくさん出回ってきたのです。中古住宅は、新築住宅音の新しさは無いものの、価格が安いことやリフォームやリノベーションをすることで新築同様になる点が魅力的です。 ただし、この国の国民は新しい物好きのため価格が下がっても中古住宅を購入する人は少なく、その需要は一定数はがあります。 今後、新築住宅と中古住宅のどちらを選ぶかは、その土地の価格や消費税の増税のタイミングによって変わってくるでしょう。ただ国としては中古住宅が増えていることから、中古住宅の販売を促進しています。